不眠症でお悩みの方に

自律神経のトラブルも体質に合わせて漢方で対応できます

通常、人は昼間活動し、夜間寝る事で消耗した体力を回復します。

しかし長期の不規則な生活は、体内時計を狂わせ睡眠を適切にとれない状態にする事があります。

また生活が規則正しくても体や心に極端な負荷、疲れ、悩みなどを蓄積させると快適な睡眠を得られなくなる事があります。

 

漢方では不眠症は大きくタイプ分け出来ます。

 

環境変化やストレスで生じ倦怠感や情緒変化を伴う「環境型不眠」。

偏食・過労が原因で体重増減が激しい方や下痢体質の方に多い「栄養不足型不眠」。

加齢や生活習慣で生じ、頻尿や耳鳴りを伴う「自発型不眠」などです。

 

天王補心丹や酸棗仁湯など利用する漢方薬もタイプごとに違います。

正しく飲めば体のバランスを正し自然に眠る力をつけてくれます。

ごく初期の不眠ならシベリア人参やハーブのお茶で対応できてしまう場合もあります。

 

もし心身に不調を感じる睡眠のトラブルをお持ちなら一度当店にご相談においで下さい。