· 

歯周病・口内炎でお悩みの方に

口のトラブルは毛細血管のつまり・血流の悪化が原因です

ある統計では30代以降8割以上の方に歯周病・歯肉炎の症状が現れるそうです。

 

軽い症状なら我慢できると思われがちですが、この歯周病は口臭や不快な症状以外に「80歳以上では平均5本」とも言われる残歯数低化原因でもあります。

歯周病・歯肉炎は炎症が徐々に進行する病気です。

 

まず歯茎が炎症で赤く腫れ口臭が発生します。

歯ブラシで血や膿が出るなら症状は進んでいます。

また糖尿病と歯周病・歯肉炎は相関性があり互いに悪化要因ともなります。

 

この一連の症状緩和に細胞賦活薬「ルミンA」が良く効きます。

ルミンAはまず炎症を抑え、痛みや血・膿が出る状態を改善します。

さらに炎症で傷ついた細胞が再生する力や免疫力を高めるので、炎症の原因である細菌感染・体の抵抗力低下に根本的な改善を促します。

 

歯周病に限らず広範囲に効果があり服用も1日2回で済みお手軽です。

普段医療機関へ行く余裕がない方、歯や歯茎が心配な方にはまずルミンAをオススメします。