漢方王子のひとりごとブログ

原因不明の不妊?

 

山崎薬局でご相談される方の9割は、今までに病院での不妊治療を経験されています。

良く店頭で聞く、皆さんが不妊専門病院で必ず言われてきた事のひとつが「不妊は原因不明」の一言です。

 

“原因が明らかな不妊”とは。

たとえば卵管が両側とも閉塞している。

たとえば子宮筋腫や卵巣脳腫などの原因で、子宮内膜に着床が難しいほどの圧迫・変形がある。

たとえば内膜症による癒着や子宮後屈があって、タイミングをとっても精子が卵子のいる卵管膨大部まで泳いでいくことが出来ないなど。

 

上記のタイプは根本的にオペによる原因の除去、あるいは体外受精がどうしても必要になります。

子宮筋腫や内膜症は漢方で小さく出来ることもありますが、時間がかかりますし金銭的な負担も大きくなります。

私個人的には、外科的な治療を必要とする原因があるのであればまずその治療が優先です。

結果として状態の回復も早く、最短で子宝にたどり着けるものと考えています。

 

一方で“原因が不明な不妊状態”ですが…

確かに原因不明としかいえない方はいなくもないです。

でもその割合は山崎薬局で見る限り、ご来局頂いた方の一割程度で必ず何がしかの原因を持っている場合がほとんどです。

しかもその原因は放置したまま人工授精や体外受精を行ってもうまくいかないだろうと思えるものが多く、かつ病院の不妊治療・薬物療法では改善は難しいのではないかと思います。

病院の検査で見つからない不妊の原因には、

たとえば身体を温める力が弱い。

たとえば身体全体を栄養するだけの血が足りない。

たとえば血液の質が悪いために卵子の発育や、子宮内膜の状態が悪い。

たとえばお腹に冷えが入ってしまっていて、子宮や卵巣も影響を受けているなど。

以上は店頭で散見される、漢方で改善できる病理的な原因の一部を挙げてみました。

 

しかし中には

食事を十分に取れていないため(一日に二食、あるいはコンビニ中心)とか

睡眠時間がほぼ毎日5時間も取れていない、とか

そもそもの生活習慣から改善が必要な方もいらっしゃいます。

習慣の改善は他にもポイントがいくつもありますが、上記二つ見直すだけでも基礎体温にすら大きな改善が見られるようになります。

 

店頭で時々お客様にお伝えしている事があります。

それは「心の中に良心的なお母さん像を作って、今の生活習慣のままで赤ちゃんが出来るか聞いてみてください。」ということです。

大概の方は今の状況がまずいかも、という事くらいは分かっています。

ただ仕事や生活のパターンを変えることは難しく、まずいと分かっていてもそのまま過ごしてしまう方が多いのです。

今一度問いかけをしていただければご自身で答えは出ますし、少しずつ変えれればそれで良いと思います。

 

原因不明といわれてお悩みの方がこのブログを読んで、もう一度ゆっくり自身の生活習慣を見直すきっかけになっていただければ幸いです。

 

 

0 コメント

月経前症候群(PMS)を改善して毎日をスッキリ!

 月経前症候群(PMS)とは女性の生理周期の後半期間、体温が高い状態を維持している時期に「胸の張り」や「イライラ・うつうつ」「頭痛」「冷えやのぼせ」「むくみ」など、身体・精神・自律神経に様々な表現のトラブルを起こす症候群です。

 5月24日に夜のニュースでも取り上げられていましたが、専門医でも、「PMSは解明されていない部分も多く、ストレスや普段の生活習慣が引き金になっていると思われる」といった話をしていました。

 病院でも持て余している症状の一つのようです。

 

 山崎薬局にもPMSのご相談は結構あります。症状は人によって千差万別で、重い方から軽い方まで多くの方からご相談を頂きました。結論から言えば、PMSは中医だと比較的早く改善ができる症状です。症状の軽重に関係なく、3ヶ月ほどでほとんど症状の訴えがなくなっています。

 

 お客様の傾向は・・・

 年齢 : 10歳代:5%   20歳代:40%   30歳代:45%   40歳代:10%

 多くのPMSに悩む方が、朝早くから夜遅くまで働いていらっしゃる事が多いように思います。

 

 症状としては

 胸張り+イライラ(ヒステリーに近い)が8割以上。

 ほか、頭痛やむくみ、落ち込み、便秘や腸の張り、生理前のような下腹部痛、ほてり感など

 お客様の周辺症状をお聞きしていると、ほかに月経期間中には強い眠気や頭痛、思考力の低下を覚える方も多いようです。

 

 体を根本的に「健康で元気」な状態に改善できれば、多少の無理、多少の精神的な負担があっても抵抗でき、月経前症候群を全く感じることなく生理を迎える事もできるようになります。

 コスト的にもそれほど高い物ではないので、治療がすんだ後も「お化粧のノリが良い」「肌の透明感が上がった気がする」と症状改善に利用した漢方薬を続けて服用される方も多くいらっしゃいます。

 

 重ねて記載しますが月経前症候群は、比較的容易に症状の改善が可能なものの一つです。

 症状に悩んでいる期間が長い方は生理が終わるまでの人生、半分損しているようなものです。

 3ヶ月ほどの期間でほとんどの症状に効果があることと思います。

 期間限定でも、一回のお試しでも構いませんので、お困りでしたら一度ご相談下さい。

 

 

0 コメント