子宮内膜症

子宮内膜症は特に強い痛みを特徴とする婦人科疾患です。

強い生理痛を訴える方が多いですが、卵巣や子宮周辺の粘膜が癒着を起こしていると排卵前後でも強く痛む事も多くでてきます。

不妊のご相談においては子宮内膜症自体も障害になりますが、癒着による卵管の閉塞や卵管采のピッキング障害、不正出血から抗精子抗体反応が高くなってしまったりする事もあり、改善が厄介な疾患の一つです。


子宮内膜症が抱える問題

問題① 強い痛み

子宮内膜症の方は必ず強い痛みを覚えます。

生理痛のみであればロキソニンなどの痛み止めで都度対応という方もいらっしゃると思いますが、症状が進むと排卵時や排便・排尿時、ストレスを感じた時などにも痛みが起きてきます。

鎮痛剤の連用は胃への負担も大きく、また排卵時に痛みがあるとタイミングも難しくなってきます。

 

 

問題② 体内に留まる出血と癒着

子宮内膜症になると子宮外で活動している子宮内膜が生理周期ごとに剥がれ出血が生じます。

この出血は月経血のように体外に排泄できず、多くが体内に留まります。

体内にとどまっている出血は周囲粘膜の癒着や、停滞している血液中の白血球が射精された精子に対しても抗体を作ってしまう事があります。

癒着は卵管を塞いだり、卵管采のピッキング障害を引き起こす要因となります。

抗精子抗体は一度出来てしまうと以降入ってきた精子を異物認識し不妊を引き起こします。

 

問題③ 治療しても繰り返し再燃する

大きな患部を切除する治療を受けたとしても炎症を起こしている子宮内膜症部位をすべて取り除けるわけではなありません。

生理が再開すれば残っている子宮内膜症部位はまた活動を再開し徐々に悪化していく事があります。

西洋医学的には卵巣と子宮も含めた患部の全摘出か、ピルによる疑似閉経だけが今のところ子宮内膜症の完全な対応といえるかもしれません。

 


子宮内膜症に対する中医学漢方利用のメリット

 

メリット① 炎症を抑えつつ不妊に対するアピールが出来ます。 

中医学的には子宮内膜症は瘀血や気滞、寒凝や陽虚などから生じると考えられています。

店頭のご相談で子宮内膜症に対応する場合、まずその方の子宮内膜症が大きく分けてどんな体質に起因するものなのかを考え、体質の立て直しを中心に症状の改善が出来るように心がけています。

 

症状の改善の中心は何よりも患部の炎症を抑えることです。

生理時の痛みや不正出血、あるいは下肢の強い冷えはこの卵巣周辺で起きている冷えから生じています。

子宮内膜症の炎症を改善しながら、同時に血流を改善して子宮内膜の状態を整え、癒着や卵巣の腫れ、血虚の度合いや胃腸機能などその方の状態に合わせて対応を進めていきます。

 

漢方での子宮内膜症治療では、生理を起こしながら子宮内膜症とそれに関連する症状(生理痛や不正出血、基礎体温のムラが大きい状態や下肢の強い冷えなど)を整えることが可能です。

治療と同時に子宝への体質改善を進めて行くことができるのです。

 

メリット② 痛みに対してしっかり効きます。 

痛みに関しては2〜3周期、子宮内膜の状態や不正出血に関しても3周期前後で大体整います。

両側卵管閉塞や卵管の癒着による卵管采のトラブルがなければ、この時点で自然妊娠の希望も出てきます。

もちろん漢方薬だけでは完全な痛み症状の沈黙はありません。

体質に合う漢方薬で症状の改善ができてきていても、普段の生活の中で疲労、寝不足、ストレス、プールなどで体を冷やしてしまうと、痛みを中心とする症状が再燃することがあります。

良い状態を続けてキープしていくためには、ただ漢方薬を続けるだけでなく、普段の生活の見直しや症状がひどく再燃しないよう注意して頂く必要があります。

 

メリット③ 弱っている体質を改善することで子宮内膜症の再燃を予防できます。

最初に記載したように、子宮内膜症の起因要因になっている体質を中心に改善を図るのが山崎薬局の子宮内膜症相談です。

症状がほとんどなくなった後、何もせずに放置すれば生理周期に伴いまた悪化してしまうかもしれませんが、最低限自身の体質を良い状態に保てる漢方薬を一つでも続けて頂ければ子宮内膜症の再燃は予防できています。

普段より自分の体質を把握して頂き、症状の悪化につながるような習慣さえ留意して頂ければ子宮内膜症はコントロール可能な疾患なのです。